お骨佛の寺・納骨とおせがきの寺 一心寺

サイト内検索

一心寺ニュース

トップページ > 一心寺ニュース

日に照り返す紅葉がひときわあざやかな晩秋、11月です。

第14期お骨佛様が造立・開眼されました 2017年7月2日
 嘉永4年から納骨された5万体のお骨で、明治20年に初めて造立されたお骨佛。以来10年毎に造像され、第14期目を迎えます。平成19年から28年までに納められた22万体の諸霊が阿弥陀如来のお姿に練りこまれ、「お骨佛」として生まれ変わりました。
   新お骨佛は、6月1日から30日まで「境内出開帳」として本堂正面にお祀りした後、7月1日に納骨堂へ遷座・奉安いたしました。第14期お骨佛様は写真向かって左側です。宜しくご参詣ください。

詳しくはこちら
スタンプラリーで歴史散策 2017年11月8日
大坂の陣ゆかりの地を巡るスタンプラリー。
まず、茶臼山ゲートを出てすぐの『一心寺存牟堂』。「大坂夏の陣図屏風 複製陶板」の展示や「大坂夏の陣 解説アニメ」を随時上映しています。谷町筋を南『堀越神社』へ。境内に茶臼山稲荷が祀られています。最近パワースポットとして注目されています(?)谷町筋を横断して『四天王寺庚申堂』へ。真田十勇士の一人で真田幸村の影武者「穴山小助」戦死の地です。さらに北へ200メートル程進み、『四天王寺』へ。大坂夏の陣では本多忠朝隊と毛利勝永隊が戦いました。広い境内の中央、丸池の向かいの「和労堂」にスタンプポイントがあります。西門の外側にある「石の鳥居」を出て直進。『安居神社』へ向かいます。真田幸村戦死の地とされている場所。緑に囲まれてゆっくりと時が流れています。そして『一心寺』。北門をくぐり、徳川家康が危うく一命をとりとめたエピソードの残る「霧降りの松」を左手に見ながら石段を上がって境内へ。山門左手「お茶所」がスタンプポイントです。
 最後に両軍が陣を置いた茶臼山に登り、「茶臼山山頂碑」をご確認ください。約1時間程で回れます。


大坂夏の陣図屏風 2017年11月8日
大坂夏の陣歴史散策のスポット「一心寺存牟堂」。お堂に入って最も目を引くのが、「大坂夏の陣図屏風」を複製した陶板です。これは、大阪城天守閣に所蔵されている重要文化財の屏風図を拡大し、陶板に焼いたものです。タテ2メートル、ヨコ4.5メートル。この屏風図にはたくさんの戦国武将が描かれていますが、注目すべきは、NHK大河ドラマで大ブームとなった真田幸村でしょう。丁度中央部分に描かれており、まず幸村カラーの赤色が目に飛び込んできます。よく観察してみると、群衆の中に、黒塗り大鹿角兜をかぶり、金の采配を振るっている幸村の姿を発見できます。そのほか、徳川家康、伊達政宗、本多忠朝など12名の武将の部隊がぞれぞれ特徴的に描かれています。 大坂城や四天王寺石の鳥居など、現存の建物の描写も見どころの一つ。大坂夏の陣の臨場感溢れる合戦の様子をぜひ間近でご覧ください。さわることも出来ます。圧倒されること間違いなしです!


「茶臼山山頂碑」 2017年11月11日
 茶臼山。1614年(慶長19年)大坂冬の陣では、徳川家康の本陣となり、翌1615年(慶長20年)夏の陣には、真田幸村勢の本陣として、茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)が繰り広げられました。
 その山頂に「茶臼山山頂碑」ができました。山頂へは、茶臼山ゲートを入って右手にある「大坂の陣茶臼山史跡碑」左横の階段を上がるとすぐ。標高はわずか26メートルです。小山の頂きからはハルカスや、麓の河底池、赤い欄干の和気橋(わけばし)も見えます。現在は高層ビルが立ち並び、遠くまでは眺めることができませんが、大きな建物がなかった時代、この山頂から大坂城までよく見渡せたでしょう。徳川家康や真田幸村がこの地に本陣を置いたことも納得です。
 これらの景色と共に、歴史散策をお楽しみください。

慈泉処
慈泉処だより 2017年11月13日

11月2日(木) 晴 利用者 31人

 台風も過ぎ去り気温も落ちてすっかり秋らしい気候になりました。今日は朝から天気も良く利用者もゴキゲンです。掃き掃除をしているとよく喋る常連さんに捕まってしまいました。今日の議題は最近のニュースから野球の話まで幅広く30分くらい喋っていました。受付の際にタオルや下着類など必要な物を渡していますが、カイロは?と聞くとそんなもんまだ要らんわ!と一蹴。寒さには強いのか強がっているだけなのか、わかりませんが無理して風邪を引かないようにしてほしいですね。(加藤)

11月9日(木) 晴 利用者 35人

 「月影や外は十夜の人通り」俳人・正岡子規が明治28年に読んだ俳句です。10月、11月は、全国の浄土宗寺院で十夜(じゅうや)という行事が盛んに行われます。昔は、電気が普及していなかったので夜は、月の明かりがたよりでした。十夜法要が行われる季節に、外に出てみるとお寺で行われている十夜帰りの人だかりが月の明かりをたよりに通りを歩いている。という意味の俳句です。秋は、空気が冷たく澄んでいるので星や月が夏より綺麗に見えます。季節の移り変わりを肌身に感じる時期。路上生活では尚更でしょう。今日もカイロの配布が人気でした。
(奥村)
平田先生

今回の講師・平田秀瑞師

次回の日曜学校は11月26日です。
2017年11月5日
<講師紹介>
講師は一心寺執事・京都無量寺住職の平田秀瑞師
タイトルは「鎌倉仏教~真の意味での民衆の仏教へ~」です。

<法話内容>
 お釈迦様は私たちの苦しみの解決方法を話された。その言葉は後に経典に編纂され、インドから中国を経て一大思想に発展していった。その後、日本に渡った仏教は国を治める手段や学問として国家プロジェクトに活用され、その文化が花開いた。また、貴族を中心に加持祈祷が行われ、呪術的な力によって現世利益が求められた。やがて、時代は移り変わり貴族社会から武家社会へ。仏教も大きく変わり、一般民衆を対象に救いを説く新しい仏教が台頭します。

 


今期の日曜学校のスケジュールについては、こちらをご覧ください
 
今回のゲスト

ゲストの人形劇団「夢知遊座」さん

今回のゲスト
 ゲストは鈴木宣隆さん率いる人形劇団「夢知遊座」です。愛知の名門人形劇団「むすび座」を退団後、1994年に旗揚げ。作品作りにこだわり続け、現在、子供向け22作品、大人向け5作品を、全国の幼稚園・保育園・自治会・子ども会、おやこ劇場などの観劇組織、教育団体、宗教団体などからの依頼により巡演中。2000年度名古屋市民芸術祭賞受賞、2010年(第15回)松原英治・若尾正也記念演劇賞受賞。今回の演目は大人向け一人人形芝居「死神」、数々の演劇賞受賞の妙技をお楽しみください。
前回の講師

講話の様子

前回の講師
 講師は、知恩院布教師・福井善導寺住職の大門俊正師、タイトルは「法然上人の『一枚起請文』のお話」でした。昨年より続いた法然上人のお話、ついに最終回を迎えました。本文 を読んだだけではわからない法然上人の教えを、身近な具体例を示しつつ、誤解しがちな各用語の意味を丁寧に解説いただきました。法然上人の真意、自分自身を知って申すお念仏の大切さがようやく明らかになったという印象です。「謙虚に生きる姿勢はいつの時代でも、どのような状況に置かれても大切にしていきたいですね」「大門先生4か月間ご苦労様でした。ありがとうございます」(生徒アンケートより)
今回のゲスト

パフォーマンスの様子

前回のゲスト
 ゲストは、桂文之助(元・桂雀松)さんによる落語でした。台風が近づく中での日曜学校、多くの方々が参加頂きました。皆さん、外の天気をすっかり忘れて、文之助さんの軽妙な語りに聞き入っていた様子。落語の舞台裏、会場とお客さんの雰囲気を見つつ展開する駆け引き、そして、落語の全体的構成もお話しいただき、本編以外のお話にも興味深いものがありました。「途切れることない、ことばの流れの中に自分をおいてその世界の中に入って集中し、心から笑いが出てくる落語、楽しかったです。」(生徒アンケートより)

「和顔愛語」

「一心寺の法話」
時々、参詣の方々から「一心寺ではお説教はしていないのですか?」という質問を受けます。一心寺では、「日曜学校」(6月~3月まで原則毎月第四日曜日)にお説教の時間を設けています。仏教に関する身近な疑問から学問的な内容まで、様々な講師によるユニークなお話です。日曜学校は一回受講も可能ですので、興味のある方は一度お越しください。過去のお説教を収録した法話集『和顔愛語』(平成12年度~)もございます。(問い合わせ:三千佛堂06-6774-2500)