お骨佛の寺・納骨とおせがきの寺 一心寺

サイト内検索

一心寺ニュース

トップページ > 一心寺ニュース

寒中お見舞い申し上げます



お写経はいかがですか! 2018年12月15日
 国道25号を挟んで一心寺の向い側。山門から信号をわたり右へ。仏具屋さんを通り過ぎて左へ曲がると、コンクリート打ちっぱなしの建物が見えます。一心寺「三清庵写経堂」です。
 門をくぐると、四季折々の顔を魅せる庭が広がります。蓮池の鯉も冬支度を始め、静寂に包まれた落ち着く空間です。
 写経のお手本は「般若心経」又は一心寺オリジナルの「祈りの心と感謝の心」のどちらかを選びます。いざ筆を取ると失敗しないか緊張します。墨の加減も難しく、知らない漢字もチラホラ。なかなか思うように進みませんが、段々と集中力も増し、気付いたらスイスイ筆が走ってきます。浄写が終わりましたら、用紙に、ご住所、お名前、為書き(お願いごと)をお書きください。お願いごとは、先祖供養、お経を写してその功徳を亡き人へ振り向ける。元気で日々を過ごせますように、ご家族やご自身、大切な人の健康祈願。毎年思っている今年こそは!の良縁祈願など・・・何でも結構です。少し疲れるかもしれませんが、完成した写経を眺めると、最初の緊張感とは打って変わって、清々しさと達成感で溢れます。

随時写経の受付は第1日曜日を除く午前9時~午後2時(毎週水曜日と12月28日~31日は休み)。
詳しくは一心寺写経堂まで(電話06-6774-8700、午前9~午後4時、水曜日は定休日)。
大坂夏の陣激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー<庚申堂編> 2018年12月11日
 今回は、真田幸村の影武者、真田十勇士の一人穴山小助が戦死した「庚申堂」を紹介します。

 庚申堂は飛び地の境内にあり、四天王寺の堂宇のひとつです。日本最初の庚申尊出現の地といわれ、本尊は青面金剛童子(秘仏)。大宝元年(701)正月七日庚申の日、帝釈天のお使いとして童子が出現し、除災無病の霊験を示され以来千三百年、初庚申は最も盛大で、大般若転読会、柴灯大護摩供が行われます。昭和20年の戦災で伽藍は焼失し、現在の本堂は昭和45年の日本万国博覧会に日本仏教会が建てた「日本仏教館」(宝輪閣)を四天王寺が設計した縁もあって、この地に移築改装したものです。


てんのうじ観光ボランティアガイド協議会  中越 慈子

慈泉処
慈泉処だより 2018年12月27日

12月13日(木) 晴 利用者 30人

今シーズン一番の寒気が大阪を覆っています。風呂上りに風邪を引いてしまうといけないのでストーブの火を入れました。寒い時期は重ね着が当たり前で皆さん相当な量を着込んでいます。夜は、一段と冷え込むので眠る時は、もうひとつ、ダンボールなどで対策をしなければなりません。今日の待合室では、先輩が後輩に教えるように、温かい服の着方講座が行われていました。くれぐれも寒気には、ご用心を!(奥村)

12月20日(木) 曇り 利用者 34人

本日が今年の最後の慈泉処でした。来る利用者が皆、声を揃えて「今年はもう今日で終わりだよね?」や、「今年一年お世話になりました。来年もよろしく」と職員や仲間と挨拶を交わし、今年を締めくくっていました。慈泉処コミュニティが根付いて来たなと実感させられました。また、年末なので慈泉処内も大掃除を少し早めに行い、気合を入れて、普段掃除しない場所まで丁寧に拭き掃除を行いました。次回新年一回目の慈泉処も気持ちよく迎えられそうです。良いお年を!(松下)

平田師

今回の講師・平田秀瑞師

次回の日曜学校は1/27です。 2019年1月18日
<講師紹介>
講師は亀岡・無量寺住職・一心寺執事の平田秀瑞師です。



<講師紹介>
一心寺執事・京都無量寺住職の平田秀瑞師。熊本県天草市生。昭和45年仏教大学仏教学科卒業。昭和51年亀岡浄土宗無量寺住職。平成3年 亀岡市社会福祉協議会地域福祉活動コーディネーター、事業部長、事務局次長を歴任。平成5年12月~平成19年11月民生委員・児童委員。平成14年 一心寺三千佛堂へ。現在、一心寺執事。

日曜学校のスケジュールについては、こちらをご覧ください
 
今回のゲスト

「朗読」

今回のゲスト
ゲストは、舞台俳優兼一心寺シアター倶楽館長の「髙口真吾」さんによる朗読です。一心寺、髙口恭行長老の三男で、大学卒業後は東京のNHK俳優養成所に入所。以来、舞台を中心に俳優として活動。落語作品を数人で朗読、芝居仕立てで上演する作品も多数上演。毎回独自の演出によって、名作文学が新たに生みなおされる舞台はとても新鮮な体験。近年の日曜学校の朗読では、太宰治や芥川龍之介など純文学作品が中心。「聴いて」「観て」「想像して」お楽しみいただければと思います
前回の講師

講話の様子

前回の講師
講師は圓通寺住職・浄土宗学研究所の安達俊英師。タイトルは「江戸時代の看取り方」でした。現代においては、臨終に極楽へ往生するということは受け入れにくい事柄でありますが、江戸時代においては文学作品の一場面に描かれることも多く、生活の中での一般的なイメージとしてある程度定着していた様子。現代においてはイメージをつかみにくい事が帰って興味と関心の元ともなり、生徒皆さんも熱心に聞き入っていました。先生自身のご家族の看取りのお話も交えつつ、臨場感ある講義でした。
前回のゲスト

ゲストの様子

前回のゲスト
ゲストは結崎日御子さんプロデュースによる「ジョンレノン・ライブ~その音楽と生き方」。ジョン・レノンの活動と生涯を歌と朗読に込めたライブ。演劇界出身の演者さんによる朗読が入る事で、歌だけのステージと異なった、ミュージカル的な要素が多分に取り入れられ、映画や物語を見ているような印象を受けました。ボーカルの方のピアノ弾き語りが哀愁的を誘い、雰囲気のあるステージとなりました。「ジョン・レノンの心の叫び、共感の一時でした」「男性ボーカルの素晴らしさに感動しました」(生徒アンケートより)

「和顔愛語」

「一心寺の法話」
時々、参詣の方々から「一心寺ではお説教はしていないのですか?」という質問を受けます。一心寺では、「日曜学校」(6月~3月まで原則毎月第四日曜日)にお説教の時間を設けています。仏教に関する身近な疑問から学問的な内容まで、様々な講師によるユニークなお話です。日曜学校は一回受講も可能ですので、興味のある方は一度お越しください。過去のお説教を収録した法話集『和顔愛語』(平成12年度~)もございます。(問い合わせ:三千佛堂06-6774-2500)