お骨佛の寺・納骨とおせがきの寺 一心寺

サイト内検索

一心寺ニュース

トップページ > 一心寺ニュース

暑さ寒さも彼岸まで。さわやかな秋空まで、もうしばらくです。

秋彼岸 2021年8月28日
 残暑がきびしいですが、もうお彼岸です!
太陽が真西に沈む秋分の日とその前後3日間を「お彼岸」と称し、仏となって極楽浄土に住む、 私たちの親、兄弟、先祖の霊を忍び供養をする日です。
また、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ日」として、国民の祝日にもなっています。
コロナ禍で迎えるお彼岸。現在「三密」を避ける為、年忌・お盆・お彼岸のご回向などのおせがきを休止しております。 ワクチン2回接種が全人口の約50パーセント。治療薬の開発が進むと「おせがき」再開の目途となるのですが・・・。 どうぞお気をつけてご参詣ください。

※おせがきは休止していますが、「経木流し」を行っております。ご供養した後、お流し(お焚き上げ)いたします。 ご希望の方は、備え付けの経木に先祖代々・戒名等をお書き下さい。

彼岸時期の一心寺の回向時間は以下のとおりです。
よろしくご参詣ください。

9月5日(日)8:30~16:00 
 12日(日)8:30~16:00 
 19日(日)8:00~16:00 
 20日(月・祝)8:00~16:00 <彼岸入り>
 21日(火)8:30~16:00 
 22日(水)8:30~16:00 
 23日(木・祝)8:00~16:00 <中日>
 24日(金)8:30~16:00 
 25日(土)8:30~16:00 
 26日(日)8:30~16:00 <彼岸結願>

超願寺(天王寺区大道)



竹本義太夫墓

上方文化漫歩 ~文楽扁~
竹本義太夫墓所・超願寺
2021年7月30日
 竹本義太夫は1651年、一心寺にほど近い農家に生まれました(谷町筋沿いに誕生の碑があります)。 幼少の頃から浄瑠璃が好きで、聞き覚えた語りを真似していていると、その声を見込まれて本格的に修業をし太夫となります。 竹本義太夫の独特の浄瑠璃の語りが「義太夫節」といわれ、道頓堀に興した竹本座に、座付き作家として近松門左衛門を迎え入れると、 ふたりの人形浄瑠璃は人気を博します。『曽根崎心中』など世話物浄瑠璃の興行が大成功し、その後、竹田出雲に座元を譲り、1714年に亡くなります。
 墓所は、一心寺を25号線沿いに500m東に行ったところにある、土塔山超願寺(どとうざん ちょうがんじ)です。 614年、聖徳太子が亡き父用明天皇の為、阿弥陀仏を彫って安置したのが始まりの寺で、翌年蘇我馬子の子、慧観が住職となり寺名を超願寺としました。 太子より頂戴した経典仏像を納めるための宝塔を作り、後の世に火災から守るためにその宝塔の周りを土壁で覆ったため土塔と呼ばれるようになり、 それが山号の由縁です。

てんのうじ観光ボランティアガイド協議会 中越 慈子
慈泉処
慈泉処だより 2020年4月5日

2020年5月より慈泉処の活動は休止しております



3月26日(木) 晴れ 利用者 30人

 春のお彼岸も終わり、桜の開花を迎える季節です。今朝は一心寺の境内でも、桜花の下で参拝者が足を止める姿があり ました。例年、この時期は、テレビでも桜の開花前線が取り上げられますが、今年は、新型コロナウイルス関連のニュー スでもちきりです。マスク不足で争奪戦が繰り広げられていますが、本当に怖いのは、ウイルスよりも人間の群集心理の ような気がします。しかしここ慈泉処では、いつもと変わりなく利用者が来てシャワーを浴びて帰っていきました。皆 さん、冷静にこのご時勢を過ごしているようです。(奥村)

4月2日(木) 曇り 利用者 25人

午前中の利用者は少なく、昼過ぎになってからどっと皆さんが押し寄せ、普段より多い人数になりました。少し春めいて きたせいでしょうか。  泉処でのコロナウィルス対策として、体調が悪そうな方には無理をせず着替えをお渡しして帰っていただくとともに、 手指のアルコール消毒を実施させていただきました。  毒をお願いすると、皆さん暗い表情をして、「こんなご時世だからねえ」とご協力くださったのが印象的でした。 また、「ここはまだ閉めないの?」という意見も聞かれました。今日現在のところはまだ休館する予定はありません。 まだまだカイロをもらっていく方が多いこの季節、平穏無事な日々はいったいいつ戻ってくるのでしょうか?(松下)

日曜学校の様子
日曜学校の様子

日曜学校休校のお知らせ 2021年6月9日
令和3年度(第21期)日曜学校休校のお知らせ

 コロナウイルス感染症蔓延の最中、考えうる最大限の感染症対策に加え、 生徒数を通常の約半数にした上で、6月からの第21期日曜学校を開講予定でございましたが、 4月23日、通算3度目となる緊急事態宣言が発令されました。宣言継続は一旦解除になったところで、 この先4度目、5度目の宣言発令の可能性も高いと言わざるを得ません。6月にご入学いただきましても、 開講途中で再度宣言が出されますとその度に休校とせざるを得ず、かえって皆様にはご迷惑をおかけする事と なります。そこで熟慮を重ねた結果、苦渋の決断ではありますが第21期日曜学校は休校とさせていただきた く存じます。大阪の現状を鑑み、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。




日曜学校の詳細については、こちらをご覧ください

「和顔愛語」

「一心寺の法話」
 一心寺では、「日曜学校」(6月~3月まで原則毎月第四日曜日)にお説教の時間を設けています。仏教に関する身近な疑問から学問的な内容まで、様々な講師によるユニークなお話です。日曜学校は一回受講も可能ですので、興味のある方は一度お越しください。過去のお説教を収録した法話集『和顔愛語』(平成12年度~)もございます。(問い合わせ:三千佛堂06-6774-2500)