おせがき

「おせがき」法要を休止しています

おせがきとは

一心寺では年中無休で“おせがき”を行う常施餓鬼法要を営んでいます。「おせがき」とは餓鬼道に堕ちて苦しむ一切の霊(三界の万霊)に食物などを供養することで、その功徳が巡り巡ってご先祖に至る(回向される)という尊い仏事。

おせがき

おせがき

朝9時から夕方4時まで、お申し込み順に承りますので、まず受付の念佛堂にお越しください。3回忌、7回忌などの年忌法要も同様にお申し込み順にお勤めしております。ご予約はできませんのでご注意ください。
ほかに別堂で、当家だけの法要を行う大施餓鬼法要を承ります。こちらは予約制となっていますので、6ヶ月前から1ヶ月前にお電話でもしくはご来寺の上、前以てお申し込みください。

その他

開眼

お位牌、仏様などを新たにお祀りされるときのお正念入れ

撥遣(はっけん)

お位牌、仏様などのお祀りをやめるときのお正念抜き

お焚き上げ

お葬式で使われた白木のお位牌などお焚き上げいたします。

おせがき冥加料一覧

※ いずれも一霊についての冥加料です。
おせがき
5百円 1千円 2千円 3千円 5千円 1万円
法事(年忌回向)
1千円 2千円 3千円 5千円 1万円
開眼(お正念入れ)
2千円 3千円 5千円 1万円
撥遣(お正念抜き)
2千円 3千円 5千円 1万円
浄砂開眼
1万円
大施餓鬼法要
10万円 15万円 20万円 30万円

永代祠堂(永代供養)

永代祠堂をお申し込みされますと、33年間、年忌のご案内が届きます。ご命日(執行日)になっても、ご参詣がない場合は当寺にてご回向いたします。34年以降はご案内ハガキはお出ししません。

永代祠堂(永代供養)冥加料 10万円から
※納骨料は、別途必要です。1万円~

おつとめの手順

  1. おつとめの手順1
    予約はありませんので、当日、一心寺山門を入って右方にある受付・念佛堂へお越し下さい。納骨・永代祠堂の方は、総合案内所に申込用紙がありますので、用紙にご記入下さい。
  2. おつとめの手順2
    受付・念佛堂で受付を行います。経木・塔婆に法名(戒名)などをお書きしますので並んでお待ち下さい。また、おせがき冥加料もここでご志納下さい。
  3. おつとめの手順3
    終りましたら、経木・塔婆を持って本堂に移動していただきます。
  4. おつとめの手順4
    おつとめをしている場所へ行き、前の机に経木・塔婆をだして、お名前を呼ばれるまでお待ち下さい。